紹介営業実践トークスクリプト
お茶アポから自然に商談に繋げる方法
人脈ゼロでも交流会から自分の応援団を作る方法

経営者・個人事業主・外資系保険営業必見!紹介営業のコツがわかるブログ




]

ドヤ顔アニキマウンティングはカッコ悪い!

【ドヤ顔アニキマウンティング営業はカッコ悪い!】

 

ドヤ顔アニキマウンティング営業。と牛木は名付けました。

 

年上の男性が年下の男性を顧客にする時やリクルートする時によく使われる手法です。

MLMやフルコミ営業マンの世界で今までとても有効でした。

 

 

高級スーツ、高級腕時計、ブランド品を見せて惹きつける。

タワーマンションに呼んで7桁の給料明細を見せて憧れさせる

ドヤ顔で下の名前を呼び捨てにしてマウンティングする。

夢や志をドヤ顔で語って、「○○(下の名前呼び捨て)も力を貸してくれよ!」

 

そうすると心を掴まれてあなたに惹きつけられて契約やリクルートに繋がるでしょう。

 

でもこれって魔法をかけてるんですよね。

残念ながらかかった魔法はいつか解けます。

早ければ3か月、長くても2、3年ですね。

 

何故、魔法が解けるのか?

 

それはあなたの言ってることとやってることの違いに少しずつ気づき始めるのです。

 

「あれ?この人、人によって態度や話し方が違うな。裏ではこんなことを言うんだ」

とか

「あれ?この人、意外とケチだな。お金そんなに無いのかな?」

とか

「あれ?この人、夢とか志よりお金とかタイトルとか表彰が大切なんだ」

 

となると一気に冷めてしまいます。

 

 

【見せ方】だけで惹きつけた結果、だいたいそうなります。

そういうリーダーや社長を沢山見てきました。

彼らに普段力の話をしてあげたかった・・・

 

 

良く見せて惹きつけるのではなく、本物の信頼関係や人間力で惹きつけましょうよ!

そういう関係値の場合は永く続きますね。

あと自分も無理して飾らなくていいのでストレスもありません。

ありのままの自分で勝負する!それでダメだったら諦めろ!

 

 

そしてこのタイプの人は自分より年下の人、レベルが下の人にしか売れません。

マーケットがどんどん下がっていきます。

そして集まってる人は依存依頼のちょっと気持ち悪い若い男性たち。

まともな経営者はドン引きします。

 

 

年上の人や自分よりスゴイ人に売れない。

これってカッコ悪くないですか?

高級スーツとかブランド品で固めて一見カッコいいのですが、

本当はむっちゃカッコ悪いんです。

自分より年上の人や自分よりスゴイ人をお客さんにする。

これってめっちゃカッコイイし、本物ですよね!

自然体の自分で勝負して、自分より上の人を惹きつける。

ヤバ、カッコよすぎる・・・

 

 

 

そしてそういう人の魔法にかかってしまう人も実は大きな問題があります。

 

ブランド品とタワマンと7桁給料明細で惹きつけられる人はだいたい依存依頼型です。

 

自分の軸が無くて、いつもスゴイ人を探しています。

スゴイ人といれば自分が変わったような錯覚になっています。

 

そして、スゴイ人や自己啓発セミナーをまるで渡り鳥の方に移っていきます。

そして結局何も変わっていない。成長していない。

まさに幸せの青い鳥を探してる状態です。

 

 

スゴイ人の自慢をする生き方じゃなくて、自分がスゴイ人になった方がカッコイイと思わないか!?

 

自分を磨いて挑戦して、失敗して、自分がスゴイ人になろうぜ!!

 

 

そして自分より年上の人や優秀な人をお客さんにできる、

本物のセールスマンシップを手に入れよう!!

興味ある人は株式会社カッコイイ大人へGO!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 紹介営業のコツ

テーマの著者 Anders Norén