紹介営業実践トークスクリプト
お茶アポから自然に商談に繋げる方法
人脈ゼロでも交流会から自分の応援団を作る方法

経営者・個人事業主・外資系保険営業必見!紹介営業のコツがわかるブログ




]

嬉しいニュースです!

○○さん、おはようございます!

株式会社カッコイイ大人の牛木です。
皆さんに嬉しいニュースがあります!
弊社セミナーでもよくお伝えしている
“普段力“の商標登録がされました!

これからは普段力®です。

 

普段力®とは?
普段の素のコミュニケーションのことです。

こんな人いませんか?

◆見込み客だからいい顔するけど、
見込み客じゃなくなったら態度が変わる

◆お金持ってる社長にはペコペコするけど、
目下や年下には横柄

◆自分にメリットがある人には謙虚だけど、
お店に店員さんにはやたら偉そう

◆人が見てるところやSNSではいい人を演じるけど
裏では人の悪口ばかり

こんな大人はカッコ悪い!!
損得や利害に関係なく、誰にでも謙虚で優しくなれる
究極のコミュニケーションが普段力です。

 

普段力の高い人こそ、
本物のカッコイイ大人だと思っています!!
この言葉が広まることによって
より多くのカッコイイ大人が増やしていきたいです!

 

今回はこの普段力が生まれたきっかけをお伝えしたいと思います。
今から10数年前、牛木がバイクの整備士だったことの話です。
行徳にある店舗で整備をしている時にベイエフエムのラジオの取材が来ました。
綺麗な女性のアナウンサーが2名、髭の50代くらいの部長さんの3名でした。

 

当時の店長から牛木に
「整備を一旦止めて、ラジオの方々に挨拶しよう」
と言われ、工場から店舗に移動しました。

 

すると、ツナギを着て油まみれの牛木が挨拶しても女性2名は
無視して汚いものを見る目で見てきました。
逆にスーツを着た店長や営業には媚を売る感じで話していました。

 

とても嫌な気分になり、工場に戻り整備を続けようとしたところに
髭の部長さんが入ってきました。

 

すると部長さんが

「ちょっと見学させてもらっていいですか?
いやあ、こういうバイクの修理ができるってすごいですよね!
私は時計の修理はできるんだけど車やバイクの構造はさっぱりで・・・」

と、話しかけてくれたんです!

 

自分に気を使って話しかけてくれているんだとすぐに気が付き、
涙が出そうになりました。
※時計が修理できる方がすげえよ!というツッコミも心の中で沸いてきましたが(笑)

 

それから決めました!

 

俺はスーツを着てネクタイしている人と、
ツナギを着て工場で働いている人で態度を変えるような人間にはなりたくない!
部長さんのような大人になろう!
それから、人によって態度を変える人を見ると腹が立つようになりました。
肩書、服装、職業、年齢で態度をあからさまに変えるのはダサくてカッコ悪いと思います。
牛木が学んだバイブルであるSAプログラムの中にも
「目上には挑むように堂々と、目下には謙虚に優しく」
という言葉があります。

 

それこそがカッコイイ大人ですね(^^)

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 紹介営業のコツ

テーマの著者 Anders Norén