経営者・個人事業主・外資系保険営業必見!紹介営業のコツがわかるブログ

]

WHYから始まるプレゼンテーション

月に1回、紹介営業専門学校の
プレゼンテーション大会を開催しています。

月に1回受講生が集まり、

「何故?この志事をしているのか?」

という想いをプレゼンして、フィードバックをもらい磨き合っています。

人は何をしているかではなく、何故に心を動かされる。

 

サイモンシネックさんのゴールデンサークルで有名な話です。
※知らない人はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=F0fhcdbhzpo

 

 

何をやっているかだと
商品説明になってしまい、
ただの物売りになってします。
そういう営業マンや事業主多いですよね。
名刺交換やお茶した時に商品説明、いや商品自慢をする人(笑)

よっぽどドンピシャで興味を持っている
スーパー見込み客と会わない限り、うまくいかないでしょう。

営業マンが嫌われたり

「友達に営業するのか」という言葉を耳にするのもこういう人がいるからです。

”何を”ではなく

”何故、この志事をしているか?”

を話しても売り込みにはなりません

 

内容が志レベルのものであれば、
相手は喜んで興味を持って聞いてくれます。

 

 

いくら”WHY”と言えど
「楽して稼ぎたいから」
では相手を惹きつけることはできません。

自分のWHYが
世の為人の為の内容になっているか?
自分の心の奥底からくる熱い想いを表現してるか?

中にはとってつけたような耳障りの良い綺麗ごとのWHYを話す人もいます。

本当に心の底からそう思っているか?

それは聞けが分かります。

多くの場合にキレイゴトのWHYはバレています

自分が何故、この志事を選んだのか?
無数にある仕事の中で今の志事を選んだ理由。
自分がどんな人生を歩んできたのか?
今、どんな想いを持って動いているか?
これからの夢や目標、ビジョンについて
これを深く考えると、
心の奥底からWHYが湧き出てきます。

そのWHYのプレゼンの構成をちゃんと相手に伝わるようにします。
プレゼンの表情、言い方、間の取り方などの表現力も磨いていきます。

そうやって磨いたWHYのプレゼンを出会った人に伝えていけば、一定の確率であなたのファンができます。

そのファンがあなたの顧客になったり、
熱い紹介者になってくれます。

何をやっているか、売っているかは手段です。
何故は目的です。

枝葉の手段ばかりに注目する人が多いですが、
本質となる何故について考えると、
仕事観や人生観が変わるかもしれません。

そんなWHYを深く見つめなおしたい方。
WHYのプレゼンテーションを身に着けたい方。

株式会社カッコイイ大人のセミナーに来てみて下さい(^_-)-☆

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 紹介営業のコツ

テーマの著者 Anders Norén