経営者・個人事業主・外資系保険営業必見!紹介営業のコツがわかるブログ

]

紹介営業の7つのマナー

今日は紹介営業をする上でのマナーや常識、ルールをお伝えします。

 

意外とこういうことを知らずに紹介営業をしている人が多いようです。

これを知らないと信頼を無くすこともありますし、クレームになる可能性もあるので

気をつけてください!

 

 

  1. 紹介してもらったら紹介者にお礼を伝える
  2. アポイントがとれたら紹介者に報告する
  3. アポイントが終わったら紹介者にお礼と報告をする
  4. 契約になったら紹介者にお礼をする
  5. 契約にならなかったとしても紹介者にお礼と報告をする
  6. 紹介された人から紹介をもらったら、紹介者にもお礼と報告をする
  7. 会った時にまたお礼を伝える

 

さあ、1つ1つ見ていきましょう!

1、紹介してもらったら紹介者にお礼を伝える

さすがにこれは皆さんやってますよね?

「こういう人を紹介します」

と電話やメールが来たらその時にお礼を伝えましょう。

FBやlineを使って3人グループで繋いでもらうこともあると思います。

その時は3人グループでも紹介者にお礼を伝えて、個別のメッセージでもお礼を伝えましょう。

 

せっかく紹介したのにお礼が無かったら悲しいですよね?

 

人によっては

「あれ?嬉しくなかったのかな?」

と心配する人もいます。

 

紹介してあなたが喜んでくれた!

ということで

「また紹介しよう!」

という気持ちにもなってくれますよ(^^)

 

2、アポイントがとれたら紹介者に報告する

紹介してもらった方とのアポがとれたら報告しましょう!

 

「ご紹介頂いた○○さんと〇日〇時にドコドコでお会いすることになりました!

○○さんのお役に立てるよう、誠意をもってお会いさせて頂きます。

ご紹介、ありがとうございました!」

 

みたいなメールを送るのが好ましいですね。

もちろん電話するのもOKですが、行き違いになると相手に迷惑になることもあります。

その場合は留守電に残して、折り返しは不要とお伝えしましょう。

 

伝えるべきポイントは

紹介者へのお礼!

そして

紹介してもらった方の役に立ちたい!

という部分です。

 

契約したい!

とか

売りたい!

みたいなことを伝えるのは避けましょう(笑)

 

続きはまた来週に(^_-)-☆

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 紹介営業のコツ

テーマの著者 Anders Norén