経営者・個人事業主・外資系保険営業必見!紹介営業のコツがわかるブログ

]

紹介アポあるある其の一 ~話が通じていない②~

紹介で見込み客とあったはいいけど、話が通じてなかったパターン。

 

何故、そうなってしまったのか?
紹介者は嘘をついていたのか?

 

 

この答えは大きく分けて2パターンあります。

 

 

  本当に忘れてしまっている

 

意外と多いのがこれです!

 

紹介者からあなたのことを聞いて、多少は興味を持ったりはしたんだけど忘れてしまう。

これはよくあるパターンです。

人は色々なことを考えていますし、毎日色々な出来事があります。

 

今抱えている仕事の悩み

行きたくない上司との飲み会

何度言っても変わらない部下への指導

ああ、来週の土日は何しようか?

合コンで仲良くなった子からlineの返事がない

来月は結婚式だから、3万は吹っ飛ぶな。。。

ドラクエの2週目はいつからやろうか。。。

今度は最初から両手剣使えばもっと楽になりそうだな。。。

 

などなど

 

 

たったの1週間だとしても色々なことがあるので、あなたを紹介された理由を

忘れてしまうんです

 

そもそもまだあってない人のことなんて優先順位が低くて当たり前。

 

あなたはぶっちゃけどうでもいい人なんです。

 

もう一度いいます。

 

勇気を持って魂にこの言葉を刻み込んで下さい。

 

あなたは見込み客にとってまだどうでもいい人なんです。

 

 

見込み客の人生をドラマや映画に例えると、あなたはまだ

エキストラにさえなってない人なんです。

 

 

そう思うと逆にラクになりませんか?

何て言われて紹介されたかなんて忘れてしまったりうる覚えで当然なんです。

 

だからこそ、アポイントの最初にリマインドしてあげることが大切です。

 

これは次回に具体的なトークを交えてお伝えしますので楽しみにしてください!

 

 

もう1つの理由はなんでしょうか?

 

それは

 

 

  売り込まれないように少し警戒している

 

 

人は営業から売り込まれると思うと警戒して心が閉じます

皆さんも経験ありませんか?

 

 

洋服売り場で見てるだけの時に店員さんが

「これおすすめですよ。試着しますか?」

言われたときにちょっと引いてしまうあの感覚です。

 

 

あなたのことが嫌いなわけではないですし、全く信用していない訳ではないのですが、少し警戒しているんです。

 

あなたから

「紹介者のAさんから何て言われて紹介されました?」

 

と聞かれて

 

「あなたの商品が私にピッタリだから会ってみてって言われたんです!」

 

なんて言ったら契約しないといけなくなっちゃいます(笑)

 

 

だから、あなたの商品やサービスに興味を持っていたとしても、

 

「いや、とりあえずあってみたらと言われただけなんです」

とか

「いや、あんまり聞いてないんですよね」

 

みたいな言葉が返ってきてしまいます。

 

 

ということで、紹介アポで見込み客からつれない返事が来たとしても

  • 忘れてしまっている
  • ちょっと警戒している

というパターンが多いので

紹介者はあなたのことをちゃんと伝えていることがほとんどです。

 

だからつれない返事が来たとしても紹介者に感謝をしましょう。

 

もちろんそうでない場合もあるので、見込み客とのアポイントの前に

紹介者と事前に話をしておくことが重要ですね。

 

 

 

では、

忘れてしまった人にリマインドしつつ、警戒している人の心を開く

ためにはどうしたらいいか?

 

 

どっちのパターンでも使える万能のオープニングトークがあります。

 

 

このトークだけでも20万円の価値はありますので楽しみにしてください!

 

 

ではまた次回!

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 紹介営業のコツ

テーマの著者 Anders Norén