紹介営業実践トークスクリプト
お茶アポから自然に商談に繋げる方法
人脈ゼロでも交流会から自分の応援団を作る方法

経営者・個人事業主・外資系保険営業必見!紹介営業のコツがわかるブログ




]

紹介アポのオープニングトーク

今回は超特別に!

今まで扱ってきた【紹介アポで話が伝わってなかったバターン】

で、スムーズに商談まで進めることのできる

トークスプリクトを大公開します!

 

 


紹介アポのオープニングトーク


○○さん、はじめまして!

 

今日はお時間作ってもらってありがとうございます。

私は○○と申します。

 

いやあ、今日も寒いですね!

 

見込み客:「そうですね。今年は冷えますね。」

 

 

ですよね~

○○さん、メッチャいい声してますよね!

ボイトレとかやってるんですか!?

 

見込み客:「いやいやそんな!全然普通ですよ!。」

 

 

そうですか?

いやあ、すごくいい声ですし、雰囲気も素敵ですね!

 

見込み客:「いやいやそんな、ありがとうございます。」

 

 

ちなみに、今回○○さんをご紹介してもらったAさんからは私のことはどんな風に聞いてますか?

 

 

見込み客:「えー、なんだっけ?あんまり覚えてないです。」

 

 

そうですよね。

ありがとうございます。

 

今回なぜAさんから○○さんをご紹介してもらったかというと。

 

 

Aさんとも実はご紹介でお会いさせてもらったんですけど、とても仲良くなり、今抱えている問題解決に私の商品が役に立つと言ってくれて、私のお客様になって頂きました。

 

見込み客:「あ、そうなんですね。」

 

 

Aさんの周りで同じようにとても向上心があって、人生本気で考えている人がいたらご紹介頂けませんか?

とお伝えしたところ、まっさきに○○さんのお名前がでてきたんですよ!

 

 

見込み客:「そうですか。あいつそんなこと言ってたんですね。」

 

 

そうなんですよ!

とても誠実で人として魅力的な方だとお聞きしまして、私もぜひお会いしたいと思い、今回のご紹介になった、という経緯です。

 

見込み客「いやいや、それほどでも。なんか照れますね」

 

 

ただ、安心して欲しいのが今日お会いさせてもらったからといって、いきなり私の商品の話をするつもりは全くありません。

 

見込み客:「あ、そうなんですか?」

 

まずは今日○○さんのお話を色々聞かせもらいたいと思っています。

 

見込み客:「はい」

 

 

 

Aさんからお聞きした通りとても感じが良くて笑顔も素敵な方なので個人的にも仲良くさせてほしいなーと感じました!

 

見込み客:「それは、ありがとうございます。 私もぜひ」

 

 

○○さんのお話を聞かせてもらい、私のこともちゃんと○○さんに知ってもらいたいと思っています。

 

 

そこでもし、私の商品が役に立ちそうでしたら、また後日お話できればと思っています。

 

 

今日何かを勧めるということは一切ありませんので、ご安心ください。

 

よろしいでしょうか?

 

「はい、わかりました!」ところで、○○さんは今どんなお仕事をされているんですか?

 

 

 

 

 

紹介営業専門学校では注釈付きのより詳しいトークスプリクトとロープレ動画を見ることができます!

※トップ画像がその注釈付きスプリクトの一部です。

 

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 紹介営業のコツ

テーマの著者 Anders Norén