紹介営業実践トークスクリプト
お茶アポから自然に商談に繋げる方法
人脈ゼロでも交流会から自分の応援団を作る方法

経営者・個人事業主・外資系保険営業必見!紹介営業のコツがわかるブログ




]

紹介の仕組みづくりの成功例 ~コインパーキング営業編~

おはようございます、牛木章太です(^^)
さて今日は前回に続きまして
紹介の仕組み作りについて
より詳しくお伝えしていきたいと思います。

前回は
【支援者を作ろう】
と言う話をしました。

ではどんな人が支援者にふさわしいのでしょうか?

ポイントは2つ!

【1つ目】

あなたのターゲットとなる見込み客層と
繋がりのある人です。
もしくは、その支援者がターゲット層
そのものだったりしたら最高です。

例えば、40代で年収800万くらいの
上場企業エリートサラリーマンがターゲットとします。

それなのに20代の年収300万の新人サラリーマンに
紹介依頼したところで、紹介は難しいでしょう。
(もちろん可能性が無いわけではありませんが極めて薄い)

ターゲット属性と繋がりのある人を支援者にして
紹介を頂く必要があります。

(株)カッコイイ大人の会員さんの成功事例をお伝えします!

コインパーキングの営業している藤原さん。
ターゲットは土地を持っている地主さん。

ただ地主さんと会うのって難しいんですよね~

謄本で調べて飛び込み営業するっていうのが
彼らの業界の通常パターンらしいのですが
大体は門前払いになってしまうそうです。

そこで、どうやったら地主さんと会えるのかを
藤原さんは考えました!
「できれば地主さんが相談になる相手。
地主さんにアドバイスをするような人と会えたら、
紹介がもらいやすいのではないか?」
そこで藤原さんは思いつきました!

 

・その土地に根差している不動産屋さん
・資産税に強い税理士さんや弁護士さん、司法書士さん。

彼らと繋がって仲良くなれば、
地主さんの紹介をもらえるのではないか!?

 

それから藤原さんは時間をかけて、
不動産業者や士業の人脈を作り、
自分を応援してくれる支援者にすることに成功しました!

(牛木も一緒に活動してたので見てました!)

 

そして、今では毎月定期的に地主さんの紹介を頂き、
毎月コンスタントに契約を挙げています。

藤原さんの会社は30人くらい営業マンがいるそうですが、
藤原さんは断トツのトップセールスだそうです( ゚Д゚)

更に聞いてびっくりしたのが、
不動産業者飲み会を企画したら150人集まったそうです!!
(本人はもっと少人数でまったりしたかったそうですw)

このようにターゲットと決めて、
ターゲットと繋がりのある人たちを支援者にしていく。

仕組み化するまでは時間がかかりますが、
やってみる価値があると思いませんか?

しかし失敗するケースもあります(>_<)

次回は牛木の失敗事例について、
皆さんに正直にお伝えしますので、
楽しみしてくださいね(^^)

※2つあるポイントの2つ目をそこで紹介します!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 紹介営業のコツ

テーマの著者 Anders Norén